塾長ブログ

  • 多治見市の個別指導学習塾【多治見松陰塾】トップページ
  • >
  • 塾長ブログ
  • 月別アーカイブ: 2017年3月

    現代に蘇る松下村塾5

    【アウトプット学習】

    学力定着と繰り返し学習

    アポロティコ現代に蘇る松下村塾【松陰塾】ショウインでアウトプット学習と呼んでいる学習方法の一つに「ノート学習」があります。インプット学習で理解した内容を専用ノートに書き出すことで、 学習内容が頭の中できちんと整理整頓されていきます。 特に漢字や単語、重要語句は、何度も書いて指で覚えてしまうことが大切です。インプットとアウトプットを繰り返して学習し、学力を定着させることが最大の秘訣です。 ショウインでは、ノート学習を最大限に活用させる工夫がとられています。

    松陰先生江戸時代末期【松下村塾】松陰は、読書しながら盛んに筆記をしました。深く読み、深く理解するためには、筆記することが非常に効果的だったからです。弟子たちにも筆記することを強く勧めました。 松陰は、「今年の筆記は明年の禺となり、明年の筆記は明後年の拙を覚えるべし、是知識の上達するしるしなり。」という言葉を残しています。

    多治見松陰塾

    【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育

    現代に蘇る松下村塾6へ進む

    無料体験実施中!

    宿題 特徴 検定 体験(多治見市個別指導次世代型自立学習塾)

    現代に蘇る松下村塾4

    【インプット学習】

     理解力とインプット学習

    アポロティコ現代に蘇る松下村塾【松陰塾】ショウインでは、「しっかり読んで内容を確実に理解すること」をインプット学習と呼んでいます。まず、問題を解く前に要点やポイントを読み取り、内容を理解します。 読んで内容を理解する能力を作ることが、読解力として大切なことです。問題文の内容が理解できてはじめて正解が導き出せます。 どの科目も、自分の学年を超えた学習内容にチャレンジできるようになっており、学習内容をじっくり読んで理解できれば、どんどん先へ先へと進むこともできて、学力も驚くほど向上します。

    松陰先生江戸時代末期【松下村塾】松陰は、文の内容を見極め、理解する能力をつけるための熟読を大切にしました。時に、句読点のない白文を読ませ、わざと塾生たちを苦しめたのです。 松陰は、『村塾零話』の中で「白文を読むのはむつかしくて、読みあやまることもあるが、後には大変力がつく」と言っています。 つまり、白文を読ませることは、文の意味を強く理解しようとする姿勢を高め、文のいわんとする内容を正確に把握できる能力をつけるために行ったのです。

    多治見松陰塾

    【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育

    現代に蘇る松下村塾5へ進む

    無料体験実施中!

    宿題 特徴 検定 体験(多治見市個別指導次世代型自立学習塾)

    現代に蘇る松下村塾3

    【先入観を捨てた指導】

     塾生と同じ視線に立って

    アポロティコ現代に蘇る松下村塾【松陰塾】塾生が知っていて当然だという教師の先入観をもった指導が、生徒のやる気を損ねる原因になる場合があります。特に算数・数学・英語は最初の単元から始めることを勧めています。 例えば、「一次方程式」などは、その前に「正負の数」と「文字式」を理解していなければ、全く理解できません。つまり、基礎を少しずつ積み上げて学習していかなければならない性質があるからです。 ショウインでは、これらの科目については、ステップの最初から始めることで、自動的に生徒自身が自分の学力の穴を発見し、その穴を埋めて初めて先に進むことができる学習方法を採用しています。(学力スキャン機能)


    松陰先生【江戸時代末期の松下村塾】松陰は塾生に対し、身分・年齢・経歴などによる先入観には一切とらわれず、各々の長所を見つけて引き出し、やる気を奮い立たせる教育を行いました。 入門を希望する塾生に対して「授業は能わざるも、君と共に考究せん」と答え、「眼中師弟なし、ただ朋友あり」という考え方でした。 教師と生徒という立場ではなく、常に共に学ぶ同志という塾生と同じ視線にたった姿勢で接しました。

    多治見松陰塾

    【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育

    現代に蘇る松下村塾4へ進む

    無料体験実施中!

    宿題 特徴 検定 体験(多治見市個別指導次世代型自立学習塾)

    現代に蘇る松下村塾2

    【自主性の重視】

    「自ら学ぶ」を育てる

    アポロティコ現代に蘇る松下村塾【松陰塾】は、各教室のスケジュール授業に加え、自分の好きな時間に好きなだけ学習をする考え方を尊重し、自宅でも学べるインターネット学習環境を提供しています。 勉強は継続していくものですから、学習を楽しみながら、時間を気にせずに取り組めることを理想としています。 生徒は学習内容がわかり始めると、学習することが楽しみになってきます。楽しくなると、自分で計画して学習ができるようになります。 自分の好きな科目が、増々学ぶ楽しさとして身についていくことでしょう。


    松陰先生江戸時代末期の松下村塾は、塾生の一人ひとりがもっている才能を自分自身で発見し、刺激し、展開させ、実践にまで駆り立てるという自主性を育てる自己教育を重視しました。 その授業は、塾生一人ひとりの自主性に委ねられ、時間割は自ら決め、一日の授業の始まりも塾へ来ると自ら始められるというものでした。 一日数回通う者もおり、勉強に集中すると時間を気にせず、一晩中徹夜で勉強をする塾生も多くいました。

    多治見松陰塾

    【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育

    現代に蘇る松下村塾3へ進む

    無料体験実施中!

    宿題 特徴 検定 体験(多治見市個別指導次世代型自立学習塾)

    現代に蘇る松下村塾1

    【完全個別指導】

    一人ひとりを大切にした教育環境

    アポロティコ現代に蘇る松下村塾【松陰塾】は、画面の指示に従って簡単な操作で進めることができる対話形式の学習です。自分の学年にとらわれることなく、どこからでも始められます。つまずき始めたところに戻って、完全に理解し問題が解けるようになるまで、じっくりマイペースに学習を進めていきます。周りのペースや皆のペースに全く合わせることなく、「ICT」を活用しながら自分のペースで「遡り学習」も「先取り学習」も次々と理解できます。その為、中学3年生の数学を勉強している小学4年生もいます。「わかる」から「得意になる」まで「楽しく」脳力を高めることができますので、自ら学ぶようになります。自ら学ぶ勉強は「深く」「繰り返し」「定着するまで」味わえる自立学習能力が自然に「効率よく」身につきます。

    松陰先生江戸時代末期の松下村塾は、畳一間に文机一つの教場で、統一的なカリキュラムを組まず、各人の学力と好みに合わせて、勉強分野と教科書を選びました。 課題を与え、出てきた答えを批評する対策、思い思いに読書をして皆の前で所感を述べ、塾生の批評を受ける私業などがありました。 そのいずれも塾生一人ひとりの個性に合わせた、きめ細かい学習支援でした。

    多治見松陰塾

    【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育【多治見松陰塾】10 ICT教育

    現代に蘇る松下村塾2へ進む

    無料体験実施中!

    宿題 特徴 検定 体験(多治見市個別指導次世代型自立学習塾)

    城の石垣を造るには時間がかかる

    アウトプット学習でグングン実力アップ

    がっちりした「お城の石垣」を造ろうとすれば時間がかかります。短期間に適当に造れば、それなりの石垣にしかなりません。もろい軟弱で崩れやすい石垣であれば、いくらその石垣の上に太い柱や分厚い壁を造っても、お城全体が傾いたり崩れ落ちたりしてしまいます。勉強も基礎学力が定着しないまま、どんどん学年が進んでしまうと取り返しのつかないことになります。

    週に1回塾へ通うならば、残り6日間は自宅で必死に勉強しないと追いつきません。しかし自宅では誘惑が多く、わからないことも誰にも質問できないことが多分にあります。(勉強に)集中できない。(勉強が)わからない。そうならないように小学低学年のうちから「算数と国語」は基礎固めをしておかなければなりません。英語も早いうちから学ばせておくことをお勧めします。

    「ショウイン式」6つの勉強法

    学校の授業で遅れを取ってしまっている場合や学校の先生になかなか質問できない、まして授業中に質問できない場合、集団指導の塾で補いますか?個別指導の塾で補いますか?それともICT教育で効率よく「わかる」勉強をさせますか?いずれに致しましても、お子様が自ら進んで楽しく学習でき、効率よく毎日の学習習慣が身に付く環境でなければ意味が無いでしょう。

     img_taiken

     塾で勉強する場合、周りのペースではなくマイペースに、じっくり集中して考えることのできる環境が大切ではないでしょうか。集中して学習できるように適度な間合いとタイミングで指導してくれる学習塾、困った時には瞬時にいつでも質問が可能、いつでも解決してもらえる環境「安心」が必要ではないでしょうか。

     【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾【多治見松陰塾】10 次世代型自立個別学習塾

     ICT教育の多治見松陰塾ならショウイン認定デジタル講師が瞬時にポイント、暗記方法、資料を提示し、わからないことを「わかる」まで考えさせ指導してくれます。「わかる」ところから始め「わかる」まで繰り返すショウイン式なら勉強が楽しくなり、自ら進んで学習できる自立学習能力が身に付きます。

     ショウイン学習システム

    子ども達が将来、社会の荒波に跳び出した時、通用するのは詰め込んだ知識ではなく、発想力論理力表現力批判的思考力グローバルなコミュニケーション能力、つまり21世紀型学力です。この学力は受け身の学習ではなく、集中して考えることが可能な環境で、自立学習能力を高めることが大切です。

     ショウインが選ばれる3つの理由

     勉強はマラソンです。走ったり走らなかったりでは、周りのみんなと大きな差が開くどころか、皆についていくのがメチャクチャ苦しくなり、あきらめてしまいます。いかにマイペースに続けて走る(勉強する)ことが大切か。これは「やらされる勉強」では続きません。いかに自立学習能力が大切かなのです。

     プログラム学習でレベルUP

     教え込もうとすればするほど息苦しくなり「ありがた迷惑」を感じて嫌がる子ども、逆にその熱血に従い「詰め込みを強制される」と頑張る子ども。集中できる環境で自ら進んで勉強できる子ども。マイペースに次々と課題を克服していく子ども。人は「それぞれ」です。いつでも「わからない」ことが「わかる、質問できる、解決できる」安心な環境、それが多治見松陰塾です。

     

     やらされる仕事と楽しく自ら進んで頑張れる仕事とでは、どちらが能率よく仕事できますか?どちらが永く仕事が続きますか?楽しい仕事なら自分に自信を持って取り組めるようになる!勉強も楽しく自ら進んで学習できたら?ショウイン式学習システムなら可能です。マイペースに伸び伸びと学習できます!

     予約はこちら

ページの先頭へ