多治見市にある塾【多治見松陰塾】の個別指導で苦手をなくそう!

お知らせ詳細

活用?詰め込み?ゆとり?

  • 活用?詰め込み?ゆとり?
  • 活用?詰め込み?ゆとり?
  • 活用?詰め込み?ゆとり?
  • 活用?詰め込み?ゆとり?
  • 活用?詰め込み?ゆとり?
  • 活用?詰め込み?ゆとり?
  • 活用?詰め込み?ゆとり?
  • 活用?詰め込み?ゆとり?
  • 活用?詰め込み?ゆとり?
  • 活用?詰め込み?ゆとり?
  • 活用?詰め込み?ゆとり?
  • 活用?詰め込み?ゆとり?
  • 活用?詰め込み?ゆとり?
  • 活用?詰め込み?ゆとり?
2015/01/06

6月入塾生 募集中!

多治見市の個別指導学習 自立学習のショウイン

多治見松陰塾】0572-51-4886 学校の宿題もできる塾

(たじみしょういんじゅく)Mail Form

 

宿題もできる塾

 

コンピューターには

人間がアナログで脳に詰め込む知識や技能よりも

遥かに多くの計り知れない豊富な知識技能が備わっています。

 

それでもコンピューターを活用することなく

ただ単に詰め込むことだけをしますか?coldsweats02

 

【多治見松陰塾】10 ICT教育

 

デジタルが発達していない時代なら仕方ありません。

しかし今は

9教科の教科書までもタブレット1つになる時代です。

世界の医学もデジタルコンピューターの進歩、進化で

遥かに多くの命を救ってきました。

もし未だにアナログのままの医学であったら

救える命も手遅れとなったり手に負えないと諦めたり

全く持って人類の進化は目まぐるしいものです。

 

【多治見松陰塾】10 ICT教育

 

今やコンピューターを活用すれば

詰め込む」から「楽しく定着する」へ

「非効率学習」から「効率よい学習」へ

学習スタイルも変わっていきます。

 

ただ単に地味に詰め込むだけ

一方的に教え込むだけでは

教える側も、教えられる側も

angryストレスangryばかりが貯まりませんか?…

 

宿題もできる塾

 

このままですとそれこそ

目まぐるしく変化していくグローバル社会についていけない...

価値観の多様化に適応できない…

 

いつも受身になり、親や誰かに頼ってばかりで

自立して生きていけない…

 

結局テストの点数も上がらない子どもが

大人になっていくのかもしれません。

 

【多治見松陰塾】10 ICT教育

 

Mail Form

 

文部科学省【新指導要領】における改訂の基本的な考え方を

トップページの

お知らせコーナーに抜粋させていただきました。

是非、ご参照ください。

 

集中学習室増設に伴う夏期講習2次募集中!

 

ただし

新指導要領には理想だけが述べられていて

学校現場は益々の負担がのしかかっています。

 

文部科学省に提出する書類も

現場の先生たちにとっては何のメリットもない

提出しても何の解決にもならない

莫大な負担だけがかかり

その結果、現場の学校では

子どもと向き合う時間を削られる悪循環を繰り返しています。

 

【多治見松陰塾】10 ICT教育

 

学校の先生たちは

学習量が増え、授業時数が圧倒的に多い中

その合間を縫って何の意味もない事務処理をしています。

その事務処理も毎回提出期限に振り回されます。

 

したがって

何か問題が起こっても子どもを放置するしかないのです。

 

Mail Form

 

このように実際の学校現場は

先生の数が少ない

先生の数は増やさないのに

授業時数は増えるばかり。

 

何の解決にもならない事務的提出書類に追われながら

法律に従い一斉指導の授業を年間カリキュラムに沿って

早く終わらせなければなりません。

次々と単元を早く進めなければなりません。

 

【多治見松陰塾】10 ICT教育

 

授業について来れない子どもや問題行動を起こす子どもに

いちいち対応している余裕はありません。置き去り、放置。

 

これが文部科学省と学校現場の実態です。

「ゆとり」を廃止し、心の教育よりも学習量重視

その学習量だけを増やした詰め込み教育に頼る世の中。

 

「ゆとり」は失敗だったなどと保護者も文部科学省も。

そのため学習量を増やし

授業時数を増やし(道徳時数は現状維持)

 

能力を伸ばす5つの力

 

ついていけない子どもは置き去り、問題行動は放置。

 

仕方ありません。学校の先生は年間カリキュラム

やり残すわけにはいかないので、法律に従い容赦なく授業を進める。

 

【多治見松陰塾】10 ICT教育

 

どの先生も膨大な授業時数を受け持っていますので

ついて来れない子ども、それが原因で問題行動を起こす子どもに

いちいち、かまってられません。一部の問題行動よりも、とにかく授業。

 

わかってもわからなくても何としても年間カリキュラムを

法律通りに終えなければなりません。

公務員ですから、法律には逆らえません。

 

Mail Form

 

一生懸命、生徒指導しようが

適当に生徒指導しようが

給料は変わりません。

 

しかし

年間カリキュラムにそって授業を終わらないと法律に触れます。

と同時に、やり残した学習は保護者の間で大問題となります。

 

なんとしてでも年間カリキュラムに従って

教科書をすべて終えなければなりません。

いちいち一部の問題行動に振り回されている余裕などありません。

つまり、真剣に問題行動を起こす子どもと向き合い

親身になって生き方指導をしている余裕はありません。

 

【多治見松陰塾】10 ICT教育

 

学校の先生たちは圧倒的多い授業時数の中で悪戦苦闘しています。

 

そして忙しい授業以外に

 

登校指導、給食指導、清掃指導、生徒会指導、部活指導、下校指導

 

進路指導、学校行事指導、各種諸々の提出書類、明日の教材研究

 

 

そんな中で「学級崩壊」を味わうのは、時間の問題です。

 

時間的に物理的に生徒指導まで手が回らないからです。

 

子どもと先生が「心」と「心」で向き合う余裕はありません。

 

まして向き合っても、解決する時間も能力もありません。

 

テスト重視で育ってきてしまいましたから。

 

修業期間もなく研修期間もなく

 

テストだけで先生になってしまったのですから。

 

予約はこちら

 

そんな中で、力の指導に頼った生徒指導になれば

 

益々、火に油を注ぐ結果になります。

 

今は戦時中、戦後の日本ではありません。

 

いつまでも力の指導では逆効果であることは目に見えています。

 

 

昔通用した指導が、今でも通用すると思ったら大間違いです。

 

大やけどを負うだけです。

 

当たり前です。

 

それこそ時代の変化に対応できない人間、受身で育った人間

 

消極的現状維持で育った間の結果です。

 

【多治見松陰塾】10 ICT教育

 

テストの点数だけに頼り、育ってしまった結果です。

 

現状を打破するのに

 

何の発想力も、論理力も、表現力も無いから

 

力(原始的暴言暴力パワー)の指導に走るのです。

 

 

 

批判的思考力、、グローバルなコミュニケーション能力が無いから

 

生徒指導はできません。

 

結果、空回りどころか、悪循環。

 

6月入塾生 募集中!

 

学校の先生は、「」と「」で

じっくり子どもと向き合う時間など全くありません。

 

授業時数は莫大に増えても「道徳」の時間は週に1回。

学級活動」も週1回。しかし、授業以外の指導時間が足りないので

当然、週1回の「学級活動」では追いつきません。

そうなると「道徳」の時間または他の教科を犠牲にするしかないのです。

 

世の中が「ゆとり」を批判し、学習量を増やし、テスト重視の結果です。

テストの点数がとれても「心」は益々歪んでいく子ども達。それどころか

テストの点数がとれない子どもの「心の歪み」は計りしれないほど大きい。

 

学習の穴を埋めるコーチング学習

 

自分さえ良ければいい。チームワークはどうでもいい。

テストの点数さえ良ければいい。悪ければ塾を替える。

家庭で「きちんとした教育コーチング」ができなければ

結局「誰かのせい」にして、クレームばかりの毎日。悪循環

そうなると子どもも反発するしかありません。

 

親への反発から始まり、行き場が無くなり全てに反発。

テスト重視の結果です。

 

Mail Form

 

いかに遊ぶことも大切か。

いかに息抜きが大切か。

いかに仲間とうまく触れ合うことが大切か。

詰め込みではなく、いかに発想力、論理力、表現力が大切か。

いかに批判的思考力が大切か。

いかにグローバルなコミュニケーション能力が必要か。

 

わかるところから始める

 

おかげで益々エスカレートするのは「いじめ」「暴力」

「反省しない人間」「反省できない人間」「殺人」「戦争」

安心して学校には通えません。子ども達の未来においても

安心して社会生活を営むことはできません。未来は絶望的。

 

【多治見松陰塾】10 ICT教育

 

もしかして

まさか今や日本は過去の反省を顧みず、また戦争の道へと…????

勉強どころではありません。学徒出陣…殺戮…憎しみ合い…支配服従

学徒出陣になれば、それまでの学歴は無駄。

無駄どころか、人の石ころ扱い。

犠牲になるのは「おおちゃくい」一部の政治家ではなく

まったく罪の無い多くの一般人。子ども。赤ん坊。

また、こんな時代に成りつつであれば大変なことです。

皆さん、もしかして自分には関係のない話、現実的でない話

と思っていませんか?人ごとのように無関心でいませんか?

 

Mail Form

 

是非、吉田松陰のように「自立」した個人が力を結集して

目先の自分のことしか考えない小さな人間ではなく

自分や家族を含めた日本を救うために

今の日本の消極的現状維持活動、詰め込み教育の受身学習

戦争奨励や戦争参加への強硬姿勢(もしかしてですが)を打破

積極的創造活動自ら学ぶ能動学習、21世紀型学力

平和な日本を築き上げようではありませんか。

 

1月入塾生 募集中!

 

学校の現実、世の中の現状をお話しても切りがないので

活用教育、ICT教育に話を戻します。

 

1月入塾生 募集中!

 

様々な病気の治療や科学も

デジタルによって急速に進化し続けています。

 

勉強も最新技術を活用して

効果的に気持ちよく学べることが大切ではないでしょうか。

つまり、将来の仕事においても

知識や技能の活用能力をいかに活かせるか否か。

 

【多治見松陰塾】10 ICT教育

 

これからの社会が必要としているのは

いかに詰め込むか!ではなく

情報・技術をいかに活用できるか?

 

多治見松陰塾では

いつも誰かに「おんぶ」に「だっこ」の情けない受身学習ではありません。

自らを高める攻略学習です。

 

Mail Form

 

思考力・判断力・表現力が著しく伸びる児童→生徒→学生時代に

 

これからの社会が必要としている能力を育てなければなりません。

 

つまり、これからの社会が必要としている能とは

 

発想力・論理力・表現力

 

そして単なる思考力ではなく、批判的思考

 

さらに周りの空気を読む力ではなく

グローバルなコミュニケーション能力

 

です。

 

それををいかに育てるか。

 

それによって将来、仕事の評価や能率も決まってきます。

 

【多治見松陰塾】10 ICT教育

 

支配服従の世界で受身で生きていくのか? 世の中に流されて生きていくのか?

積極的創造活動を身に付け、自立

自分に自信誇りを持って、活き活き快適に人生を生きていくのか?

 

あなたは、どういう生き方を選択しますか?

 

わかるところから始める

 

ところで

生涯にわたって

人はコンピューター以上に知識を詰め込むことはできませんし

わざわざ時間をかけて詰め込まなくても

パソコンタブレットスマートフォンを通して

いつでもどこでも

時間と空間を超えて瞬時に情報を得ることができます。

 

しかもストレスの溜まるインプットではなくアウトプットでもなく

スループットで次々と情報を得たり、問題を解決できます。

 

6月入塾生 募集中!

 

これからの時代、いかに詰め込むかではなく

いかに活用できるか

 

いかに前述の発想力・論理力・表現力

批判的思考力・グローバルなコミュニケーション能力

 

を発揮できるか、なのです。

 

わかるところから始める

 

様々な資料や情報、機械、デジタルを大いに活用できなければ

効果的なノルマは達成できません。

 

苦痛だらけの詰め込み教育では

勉強も生き方も悪循環しか待っていません。

 

もちろん、子どもたちの大好きなゲームばかりの「ゆとり」では

虚しい時間が過ぎていくだけのダラダラとした生活しかありません。

将来の夢も希望も諦めなければなりません。

 

【多治見松陰塾】10 ICT教育

 

子どもたちには受験戦争が待ち構えていますので

進路を諦めることなく

テストで効果的に点数を得ることを

個別に指導していく環境が必要です。

 

やらされる勉強では、子どもたちには爆発が待っています。

イライラが溜まり、行き場のない爆発が待っています。

自ら進んで勉強できる環境、集中して勉強できる環境が必要です。

 

わかるところから始める

 

自宅では勉強しない子どもが、ストレスなく自ら進んで学び

集中して勉強できる子どもになれたらどうでしょう。

 

そんな子どもになれたら、言うことないじゃありませんか。

 

そんな子どもは、大人になっても自分に自信誇りを持って

活き活きと生き抜いていくことでしょう。

これが本物の自立学習です。それが生きる目的です。

 

Mail Form

 

もう一度、活用教育、ICT教育の話に戻します。

 

コンピューターは万能です。

 

人間のように感情がありませんので

「こんなことも分からんのか!」とバカにしません。

そのうえ、待ち時間なし

正誤判定、解説、ヒント、ポイント、暗記方法を教えてくれます。

しかもショウインのプログラム学習は

子どもがゲームを意地になって攻略するように

1つでも間違うと全問解けるまで、強制的に繰り返し学習します。

しかし、楽しく指導してくれますから安心して勉強できます。

 

活用?詰め込み?

 

ショウイン式プログラムを使った【多治見松陰塾】の学習方法なら

デジタルで繰り返し理解するまで楽しく学習できます。

 

わからないことをすぐ確認でき

ショウイン独自のプログラム学習により

ストレスなく楽しく冷静に学習を定着させます。

 

1月入塾生 募集中!

 

さらに多治見松陰塾の環境なら

マイペース、安心、じっくり、落ち着いて勉強できます。

 

小学1年生から取り組めば

学年が進むにつれて…短時間で効率よく勉強できます。

 

【多治見松陰塾】10 ICT教育

 

まさに塾生は、新指導要領の考え方以上に

まるで大学の研究員さながら

サクサクとデジタルを活用

基礎的基本的な知識をどんどん習得

習得した知識をさらに活用して応用力演習、入試対策問題へと

次々と攻略していきます。

 

多治見市の個別指導塾【多治見松陰塾】は

ただ単に知識を詰め込む、いつまで経っても変わらない

昭和時代の現状維持活動、一方的な注入教育ではありません。

 

これからの時代に必要な生きる力をつけます。

つまり、積極的創造活動を通して

これからの社会に必要な力を育成しながら

を高まめます。

 

「」の画像検索結果

 

予約はこちら

 

多治見市の個別指導学習塾【多治見松陰塾

たじみしょういんじゅく

多治見市白山町4丁目7-1遠藤ビル2階西C

学校の宿題もできる塾

(0572-51-4886)

バロー多治見、モスバーガー向かい

ICT教育:自立型学習塾のショウイン

Mail Form

<<戻る

TEL0572-51-4886 MAIL FORM

予約はこちら

INFORMATION

多治見松陰塾(たじみしょういんじゅく)
〒507-0038
岐阜県多治見市白山町4-7-1
遠藤ビル2階西C

ショウイン式プログラム学習というハイブリッドな学習法で「わかる」ことにこだわります。

  • TEL0572-51-4886
  • Mail Form

ログイン画面



ログイン画面

ログイン画面

ログイン画面


ページの先頭へ