講師紹介

講師紹介

林泰成 塾長

林康治郎

小学校・中学校・高等学校教育指導歴32年。一人一人に合った勉強方法をショウイン認定校上級講師が教え、コーチングし、一人一人を管理しながら、学習内容をコンピューター内のショウイン式プログラムがティーチングします。一人1台のPCもしくはipadに向き合い、自分のペースでプログラム学習に確実に没頭できる保証がある「完全個別」指導です。わからないときは、一瞬にしてコンピューターが教えてくれます。

しかも「つまずき」始めたところから、学習の穴を全て埋めながらティーチングします。

しかし、コンピューターが自動的にティーチングしてはくれません。あくまでも、自らの努力でコンピューターに向き合い、デジタルだからできる効果的な繰り返し学習をしながら、次々と階段を上っていかないと意味がありません。
この「学習の穴を埋める」ことをサボると、いくら数学で点数をアップさせようと焦っても、アップできません。その結果、誰か人に頼って指導してもらっても、「わかったつもり」になっているだけで、テストの時には全然点数がとれません。だから、ショウイン認定上級コーチによるコーチングが必要です。

一つ一つの「学習の穴」を埋めないと先に進めない。間違えると先に進めない。分からないときは、一瞬にしてコンピューターが解説、教えてくれる。そして 一人ひとりに合った勉強方法を指導するのはショウイン認定上級コーチです。

コンピューターがティーチングするといっても、子どもは「それぞれ」です。個性も性格も苦手教科も得意教科も隠れた能力も「それぞれ」です。だから、それぞれに合った勉強方法を教えるのが「コーチ」です。

学力が高まる勉強方法を理解した子どもは、あとは自分でどんどん階段を上っていきます。わかるところから始めた勉強は、どんどん楽しくなり、夢中になることができます。しかも子どもの好きなゲーム感覚で勉強を攻略できるので、子どもも意地になって頑張ります。ヒントボタンやポイントボタンをクリックして確認し、映像ボタンをクリックしてイメージをつくり、資料ボタンをクリックして深く読み取り、暗記ボタンをクリックして暗記方法を覚え、次々とコンピューターを使って攻略する。

そんな子どもの思考回路を活発にするのが「プログラム学習」です。コンピューターに不慣れな保護者様には、かなり抵抗がありますが、子どもはすぐにコンピューターを自在に操り、どんどん自分を開発していきます。

「面白くもない単なる詰め込み」では、子どもは勉強が嫌になります。熱中できる何かを「活用して」「自然に覚えていく」そんな学習でないと効果は期待できません。子どもたちがゲームには夢中になるのに、なぜ勉強はしないのか考えてみて下さい。ただ単に詰め込むだけの勉強方法、誰かにベッタリの受け身学習、落ちつけない環境では勉強は身に付きません。それはショウイン自身が、このプログラムを開発する前に人対人の指導でしっかりと嫌なほど経験してきました。だからショウインは、平成5年より現在のプログラム学習を開発してきたのです。

学習の穴を効果的に埋めるための学習方法により、「できない」から「できる」へ。「わからない」から「わかる」へ。「できる」から「もっとできる」へ。 「もっとできる」から「どんどん何事にも没頭し研究・追究していくことに夢中になる」へ。 「より以上の自分を目指す人間」へ。「自律学習を通して自立して生きていける人間」へ。

多治見松陰塾では、学習の穴を埋める地道な努力を放棄して、気楽な思いで点数はアップできないことを指導します。

いつまでも「困ったときだけ」「自分にとって都合がいいように」誰かに頼る、誰かに「おんぶ」に「だっこ」では、成果は期待できません。

自ら「地道な努力」を惜しみなく積み重ねることで学習の穴を埋め、自ら追究していく、そんな学習方法を多治見松陰塾では教えています。

コンピューターの中にあるショウイン式プログラム学習は、その努力の積み重ねで高得点を達成できるように、しかも黙々と「のめり込める」ようになっています。しかし、これもショウイン認定上級コーチのコーチングがあっての話です。

自宅では、なかなかできないけれど、スポーツジムへ行くと「何故かトレーニングができる!」と同じように多治見松陰塾の環境に入れば、黙々と何時間でも勉強できます。学習環境という面でも、多治見松陰塾なら集中して勉強できます。

その環境の中で、自ら学ぶ勉強方法を身につけ、自らヒントやポイント、資料を確認・整理し、自ら「診る・聴く・書く・話す・読む・問う」を行い、 さらにそれでも解らないときは、ショウイン認定校上級講師に確認します。

つまり、自律学習→自立能力を育成することによって、将来、多治見松陰塾から立派に巣立ち、何事に対しても「自立して学習ができる」人間になっていくことを指導しています。

ご家庭でゴロゴロして、なかなか勉強しない子どもが、多治見松陰塾という環境に入ると、黙々と研究・追究的な勉強をする。こんな素晴らしい「お子様」であれば、言うことはないじゃありませんか

そもそも、人は目標がないと勉強しません。多治見松陰塾では、目標を常に確認しながら指導しています。中学生の近い目標でいえば、「○○高校に絶対合格したい!」という強い意志で。将来の夢や仕事については、「絶対に○○になりたい!」という強い希望で。「わからない所」を「分かる」ようにしながら、黙々と自律学習をしていきます。

ただ点数をとるだけで高校や大学を卒業し社会に出ても、目まぐるしく変化し続ける環境に適応できません。子ども達がどんな社会に出ても柔軟に適応し、自分の夢や希望を叶え、そして自分に自信・誇りをもって生き、自立して生きていけないと、それまでの勉強、その他さまざまな努力が何にも役に立ちません。それゆえに子ども達は、多治見松陰塾という環境でコーチングを受け、学力向上の手ごたえを自らつかみながら、自律学習し続けるのです。

自律学習を諦めた人間に、自分でつくる、自分の明るい未来はありません。

あるのは、他人がつくった他人の未来なのです。他律依存、指示命令、支配服従の世界です。

自律し、自立を目指す姿勢は、現状打破の創造活動であり、他律依存の姿勢は、現状維持の改善活動であります。

今の日本を取り巻く閉塞感は、高度経済成長以来、過去60年以上に渡って、現状維持の改善活動をしてきた結果なのです。

つまり、他律依存の消極的姿勢が、その正体と言えます。他人のつくる未来に淘汰され続けるだけの消極的姿勢から、自分で自分の未来をつくる積極的姿勢に転じるために必要なこと?

それは、一人一人が自律学習を通して「自立できる能力」のある個人として、力を結集していくことです。

多治見松陰塾の学習システムは、ショウイン式プログラム学習という、個別指導歴34年のノウハウを組み込んで開発された最新のネット学習方法と 自ら考え学習する力を養うためのコーチングを組み合わせた、全く新しい「ハイブリッド型完全個別指導学習塾」です。

したがって、お子様の「やる気」を向上させるとともに、「研究・追究的な学習」により、着実に学力が高まる勉強方法です。それゆえに、多治見松陰塾という環境(居場所)の中で、塾生たちは黙々と「迷うことのない一直線の階段」「一人一人に合った登りやすい一段一段が低い階段」を「頂上」目指して、黙々と粘り強く、柔軟な社会的適応能力をつけながら、次から次へと様々な山(単元)を登り切って(勉強を攻略して)いきます。

林和美 アシスタント

林和美

<小学生学習指導歴>

精華小学校 
根本小学校 
小泉小学校 
昭和小学校 
市之倉小学校 
滝呂小学校 
下石小学校 

TEL0572-51-4886 MAIL FORM

予約はこちら

INFORMATION

多治見松陰塾(たじみしょういんじゅく)
〒507-0038
岐阜県多治見市白山町4-7-1
遠藤ビル2階西C

ショウイン式プログラム学習というハイブリッドな学習法で「わかる」ことにこだわります。

  • TEL0572-51-4886
  • Mail Form

ログイン画面



ログイン画面

ログイン画面

ログイン画面


ページの先頭へ