塾長ブログ

  • 多治見市の個別指導学習塾【多治見松陰塾】トップページ
  • >
  • 塾長ブログ
  • 日別アーカイブ: 2018年4月8日

    息抜きしながら「わかる」

    33510f35d0ded3a9603dc0bb8be990db_s

    子ども達が大好きなデジタルゲーム。

    なぜ子ども達は、次々と勝手に攻略を楽しむのでしょう?

    rikaon1

    それはICTだからです。デジタルだからです。「できる」まで何回でもマイペースに「繰り返す」ことができるからです。周りのペースではなく、みんなに合わせることもなく、自分のペース(マイペース)で次々と「繰り返し」「レベルアップ」できるからに他なりません。

    rakuto590

    逆にアナログの勉強。四六時中、大人のペースで一方通行、または密着し過ぎて、子どもは威圧感で焦り、息苦しくないですか?勿論、密着して指導した方が適している場合がります。

    e956ed6484fc7589ba8888dc3090ace7_s

    つきっきりで、子どもは受け身になるばかりで考えず、互いにイライラしませんか?良かれと思う密着、困ってもいないのに密着することが、思考力、集中力を奪っていませんか?勿論、密着して指導した方が安心して勉強できる場合があります。

    20140802_153804

    密着は一見、熱血指導で安心に見えますが、教え込めば教え込むほど、子どもにとって依存し過ぎて集中できず、指導者のペースで息苦しくて思考が働かない、焦るばかりで、まさに「ありがた迷惑」ではないですか?勿論、必要に応じて指導することが、子どもにとって助かる場合があります。

    rikaon3

    周りのペースに合わせる?もっともっとマイペースに先に進みたいのに「じれったい」「イライラ」「暇、退屈」…もっともっとさらに戻って「つまずき始めた所」まで戻って勉強したいのに「ただ座ってるだけ」「じっと時間が過ぎるだけ」「教室から抜け出したくなる」…

    koukou

    常に大人が上から目線でいると、子どもは勉強から遠ざかりませんか?つまらん…わからない…もうどうでもいい…わかったつもり…イライラしてストレスばかり…

    20150810_105341

    やらされる、楽しくない勉強は、「勉強させよう」「成績を上げよう」と指導すればするほど、人間関係がギクシャクしていきませんか?

    ec8bcd972b791475f24ae64d5a79e619_s

    させる→焦る→させる→テストの点数→諦める→塾を転々と…子ども達にとって、テストの点数ばかりの親子関係では崩壊し…

    20140802_163728

    逆にICTを活用することによって、自ら次々と課題を楽しくマイペースに解決する子ども。じっくり落ち着いて「わかる」まで「定着する」まで何度も何度も自ら繰り返し、楽しく効率よく勉強する子ども。になれたら、どうでしょう?

    eca50e96fbf8ae3df80016f396711b76_swakaru33

    自分で解決できないことは、いつでも気軽に何でも解決方法を伝授してもらえる環境。何でも相談してもらえる「安心できる教育環境」があったら、どうでしょう。

    自宅では勉強する気になれないし、保護者から「勉強しろ」と言われても、スマホなど誘惑に負けてしまうから勉強にならないし…もし勉強にマイペースに集中できる、息抜きしながら「やる気になれる」学習環境があったら、どうでしょう。

    tablet

    今やどんな職場でもパソコンは当たり前。インターネットは当たり前。どんなスマートフォンでもゲームでもICT、デジタルは当たり前。映画もテレビも音楽もデジタルは当たり前。しかも「いつでも」「どこでも」身近に全てが使える…2020年までには全国小中学校の教科書がタブレット端末になり、いよいよ紙の教科書は廃止となり、学校教育もデジタルが当たり前になります。大学入試もキーボードで入力。子ども達はそんな中で育っています。

    20140802_163753

    2020年までには、全国の小中学校に於いて、学校の教科書はアナログの紙からICTデジタルのタブレットになります。全ての教科がタブレット一つに収まります。もう(1年分の)重い紙のアナログ教科書を「置き勉なし」で、毎日毎日何冊も通学カバン(通学リュック)に詰め込んで背負い、腰を痛めながら我慢して通学することはありません。

    HELLONET1

    これからの時代は、時間と空間を超えて「いつでも」「どこでも」ネット環境さえあれば、ICT、デジタルを活用して学習することが可能になります。またネットを通じて自由に顔を見ながら会話もできます。

    20160928_191900

    そのICT、デジタルを大いに活用し、「させる」を手放して「する」を支援する教育コーチングを上手く行うのです。植物の種は、きちんと土の中にあり、適度な日光と水が降り注げば、あとは勝手にスクスクと大きく育っていきます。

    20140802_163815

    子ども達も同様です。教育コーチングが上手くいけば、子ども達は自ら活き活き伸び伸びと「学ぶ力」「学力」「自立学習能力」「生きる力」をどんどん成長させます。子ども達は、母親の子宮の中で生命を宿した瞬間から「自分で育とう」とするエネルギーを初めから持っています。そのエネルギーを環境次第で、どれだけでも発揮できます。

    20140802_163857

    「子育て」から「子育ち」へ。塾と家庭で教育コーチングが上手くいけば、子どもは何事にも「やる気」になり、関わり合う大人もイライラすることなく、いつもプラス思考で楽な気持ちになれます。指示、命令、強制、反発、ストレスから解き放たれ、互いに伸び伸びと自分らしく、自分に自信と誇りを持って、活き活きと生きることができるようになります。「させる」を手放し「する」を支援する教育コーチングで。

    【多治見松陰塾】10 ICT教育

    多治見松陰塾ならデジタル講師と塾生が完全個別に1対1で絡み合い、マイペースにICTを活用して圧倒的に「わかる」を楽しく体感できます。これも家庭と多治見松陰塾が、互いにより良い教育コーチングを続けることにより、子ども達は伸び伸びと、自分自身の能力を次々と楽しく開発していきます。

    de802a00

    このように多治見松陰塾では、塾生がICTデジタル講師と絡み合い、次々と学習を攻略していきます。さらにショウイン認定上級コーチの塾長自ら、塾生が活き活き伸び伸びと集中して学習できるように、適度な間合いとタイミング、必要に応じて密着支援(コーチング)をしますから「鬼に金棒」です。

    20140802_163728

    だから多治見松陰塾生は、年長から中学、高校、社会人までICTを使いこなし、イライラすることなく、じっくり集中し、息抜きしながら安心して勉強しています。ほのぼのとした文化の中で勉強できますので、塾生はショウイン認定上級コーチの塾長に何でも気軽に質問や相談ができます。

    多治見市の個別指導学習塾なら通い放題の当塾へ!

    今の時代、これからの時代に合った個別学習塾「松陰塾」は、ショウイン学習システム教育コーチングによる二人三脚で、完全個別に充実した自立学習指導を展開してします。だから多治見松陰塾は、息抜きしながら「わかる」を集中して楽しめる「安心できる居場所」なのです。

    20140802_163453

    しかもフリーパスポートを取得すれば、塾への欠席連絡不要で、いつでもセルフで振替ができ、開始時間もフリーです。

    rikaonspring3

    今回限りのフリーパスポート(退塾まで有効)を取得されれば、ご家庭の都合、本人の体調により、気楽に連絡なしでフリーに通塾(マイペースに受講)できます。ただし定員に限りがありますので、希望者は塾へお問い合わせ下さい。

    rikaon2

    genkankanban

    活き活き伸び伸び次々わかる

    genkankanban

    子どもに「ピッタリ」寄り添って?

    子どもに「つきっきり」で大人のペースで操縦する?

    もし、子どもから離れていても遠隔操作ができたら?

    見てないふりして見ることができたら?

    チェックしてないふりして常にチェックできたら?

    tajimishowin

    多治見松陰塾なら可能です。

    ショウイン学習システムと教育コーチングで。

    えっ?離れて?つきっきりで指導してくれないの?

    多治見松陰塾 035

    多治見松陰塾の場合、つきっきりで指導するのはコンピューターです。ICTデジタル講師がティーチングします。アナログの上級コーチは適度な間合いとタイミングでコーチングします。

    しかも離れていても常にチェックしています。いちいち、しつこく付きまとわなくても、しっかりとチェックしています。

    20150622_205111

    とは言っても、子ども達がコンピューターを活用して自ら進んで学習しないと意味がありません。そこで自ら計画→実践→評価を繰り返し、楽しく自立学習できるように支援するのが教育コーチングなのです。

    つまり「教育」の「教」はICTデジタル講師、「教育」の「育」は上級コーチが担当し、(ICTデジタル講師と塾生とが)学力向上を目指して円滑に絡み合うように支援します。

    oribe6showin

    ICT、デジタルの世界で育ってきた子ども達は、初めからサクサクとICTデジタルを活用し、楽しく夢中になって頑張ります。

    アナログで育ってきた保護者様には抵抗があるデジタルでも、子ども達にとっては当たり前で、ICTは当然の世界なのです。だから子どもにスマホを与えると、もう夢中で使いこなしていきます。

    20141025_180535

    このように子ども達は、圧倒的に「わかる」「定着する」ICTデジタルを効率よく次々と使いこなしていきます。あとは子どもとICTデジタル講師(コンピューター)、アナログの上級コーチ、この三者が上手く絡み合うと学力、学ぶ力がどんどん伸びていくわけです。

    jukutyoirasuto1

    もちろんアナログの上級コーチが密着して指導しなければならない、密着して指導する必要がある場合は、「つきっきり」で指導します。当然「つきっきり」で指導することはあります。

    20141030_163153

    ただ、困りもしないのに常に密着していたら、子どもは指導者に依存してしまったり、逆に気が散って集中できなくなったり、頭の回転が鈍くなったりで思考力が衰えます。

    20150622_204906hp

    あなたが本を読んでいる時やあなたが電話で誰かと話している時、常に誰かがじっと至近距離で自分を見つめていたら、集中して本を読めますか?集中して電話の相手と話ができますか?

    miyabi

    つきっきりでいると、子どもが集中して考えている時に、つい声をかけてしまったり教えてしまったり…大人のペースによる大人の余計なお節介のために、集中力が途切れ、勉強が続きません。

    20140802_153804

    ややもすると受け身になるばかりで、自分で解く力が身に付きません。手をつながないと階段を上れない。あるいは自分で階段を上らず、ついつい常にエスカレーターばかり。だから足腰、体力が身に付かないのです。

    20150622_204912

    自ら集中して一生懸命考え、自分の力で解けた「わかった」時の喜びが大切なのです。わかるところから始め、わかるまで先に進まず、わかるまで繰り返す勉強は、自立学習能力を育てます。

    20150619_195545

    自立学習が身に付けば、子どもが困った時や相談したい時に、子どもから密着してきます。その時に密着して解決してやればいいのです。

    rakuto

    あるいは、(子どもに集中して考えさせるために)適度な間合いで見ていないようで見ている指導者からタイミングよく声をかけて、必要であれば密着指導してやることが子どもの学ぶ力を伸ばすことにつながります。

    jukutyoirasuto2

    いつも密着することが親切ではなく、密着せず集中して考えさせてあげること、困った時には解決させてあげることが親切ではないでしょうか。逆に困りもしないのに密着していると集中できず、かえってイライラし「ありがた迷惑」になっていないでしょうか。

    showin2

    困った時に解決してもらった子どもは、さらに自立学習を快適に進めていきます。詰まった血管が解消されて、きれいな血液が全身を駆け巡るように。身体の自律神経が調子よく働くように、子どもも自立学習を楽しく進めていきます。

    shunkun

    だから多治見松陰塾の子どもは、活き活き伸び伸び次々と「わかる」をマイペースに楽しみます。自ら解れば益々探究的になり、深く、繰り返し学習するようになります。ご家庭と塾とで教育コーチングをすることで。

    590rikaon

    「させる」から「する」へ

    多治見松陰塾では自分で自分の能力を次々と開発していける自立学習支援を行っています。学ぶ力、学力の伸びない受け身の学習ではなく、やらされる、ストレスばかりが溜まる学習でもありません。完全個別指導で、自ら次々と攻める「学ぶことが楽しい」ICT環境で、学力をどんどん伸ばしていきます。

    tatekanban2

    これからの入試や世の中で通用するための発想力、論理力、表現力、単なる思考力ではなく批判的思考力、空気を読む力ではなくグローバルなコミュニケーション能力を高めます。

    5ce790b81a120bb8bbde3072248fd066_l

    それが学ぶ力を向上させ、単なる詰め込みではなく、21世型学力を伸ばしていけるのです。

    多治見市の個別指導学習塾なら通い放題の当塾へ!

    そのためにティーチングはコンピューターが行い、アナログの塾長がモチベーションを高める4つのトライアングルで教育コーチングをしています。http://www.jyda.jp/coaching/about/ 

    rikaonspring3

    そして「させる」を手放し「する」を支援する「アクティブラーニング」こそが、子どもの未来を切り開くと信じています。

    shunkun590

ページの先頭へ